理学療法士になるためにかかる学費の実態とは

コストパフォーマンス

男性

節約志向が高まっています

理学療法士になるためには、大学や専門学校、または短期大学に進学しなければなりませんが、当然のことながら、通学には費用がかかります。通常、国公立大学を除けば、年間学費は130万程度かかるとされていますから、4年間で約500万、3年間で400万ほどが相場とされています。ただ、中には年間学費が100万円を切るような専門学校もあり、少しでもコストを抑えたいという方にとって有力な選択肢になるでしょう。また、夜間学科を置く専門学校では、さらに節約することが可能です。近年、社会人経験を持つ方が理学療法士になりたいというケースが増えており、学費が安い学校や、夜間学科が人気を集めています。また、特待生制度や奨学生制度を活用する方も増えており、節約志向が高まっているようです。

支援制度をチェック

「理学療法士になりたいけれども、学費の面で悩んでいる」という方は、各学校が行う特待生制度や奨学金制度をチェックしてみることから始めましょう。特待生制度とは、入学試験において優秀な成績を修めた場合に認められる学費減免制度で、入学金や授業料などから割引が行われるものです。一方、奨学金制度は学校独自の制度と、公的機関や病院などが実施する制度の2種類に分けられます。まず、特待生制度は多くの学校で実施されており、中には年間授業料の全額免除となる学校も見られます。また、成績のランクの応じて、割引率を変更している学校も多く、例えば、全額免除はダメでも半額免除は認められる場合もあります。試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。そして、奨学生制度については、卒業後に返済するのが基本ですが、中には返済不要のものも見られます。例えば、都道府県などが実施している修学資金では、卒業後に理学療法士として一定年数働けば、返済不要となる制度があります。また、学校独自の奨学金制度にも返済不要なものも見られます。このような制度の有無について、学校に直接問い合わせてみることで、道が開けてくるかもしれません。

おすすめサイト

  • 一緒に決めよ 理学療法士の専門学校ガイド

    医療業界でも高い注目を集めている理学療法士は学費を拝見しておきませんか?詳細はサイトへクリックしてみよう。
ウーマン

医療の専門職です

障害で体の自由が利かない人の生活をサポートする仕事が理学療法士です。理学療法士を目指すのなら、専門学校などで指定されたカリキュラムを勉強し、国家資格を取得する必要があります。資格を取得していないと、リハビリテーションに関わることができないため注意が必要です。高齢化が進む日本では理学療法士の活躍の場は広がりつつあります。

看護師

充実した学生生活

不景気でも就職しやすい理由から、性別や年齢に関わらず看護師を育成する専門学校に入学する方が増えています。看護の専門学校では3年制であることが多いため、大学生や他の分野の専門学校生に比べるとハードな勉強や実習をこなす必要があります。裏を返せば、充実した学校生活を送ることができると言えます。

男の人

負担の軽減と勉強すること

高齢者の増加による医療の担い手の不足に対して、政府は柔道整復師の専門学校に通う際の助成金制度を設けていますから、利用すると経済的な負担を軽減できます。こうした柔道整復師の専門学校では、怪我の治療の専門分野である柔道整復学を多く勉強しますが、高齢者の怪我の治療には総合的な医学的知識が必要です。